こんにちは。ゆっ蔵女将の由美子です。
今年は暖冬で雪が降るのが遅いですね。ゆっ蔵付近もまだ雪景色は見られませんが、「雪乞い」でもしないとスキー場は泣いています。
ところで12月22日は冬至ですね。一年中で昼が一番短く、夜が一番長い日で、「ゆず湯」に入って「冬至かぼちゃ」を食べる風習が日本にはあります。冬至は湯につかって病を治すー湯治(とうじ)にかけて、柚子は融通が利くようにとの願いが込められ、江戸庶民から生まれたとのことです。
また「かぼちゃ」は厄除けになる、病気にならないといわれてます。実際にかぼちゃには、カロチンやビタミンが多く含まれ、冬のビタミン等が不足していた時代は、かぼちゃは貴重なものだったそうです。
そこで私からのお勧めは、プラス榮川の「ゆずのお酒」です。
冬至には体の外からも中からも「ゆず」で温まって、寒い冬を乗り切ってください。